« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

フォーナインズ春夏新作情報 2

フォーナインズ(999.9)新作
メタルフレームS-801Tc4.C8、S-811Tc2.C4.
ネオプラフレームNP-32c21.c37.c87.c90.
c430が入荷致しました。

http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm

05300002 05300003 05300001

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

流し目

なかなかイかしたサングラスを
掛けておられるのは、本日来店
された取扱メーカー・バウハウスのI氏。
流し目・・・イイですねぇeye

氏は東京のとある眼鏡店に所属していた
経験をもとに、これから眼鏡調製術の実際
を知る人材として、グイグイと企画・製造に、
携わっていかれる事でしょう。scissors期待

Image069_2

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

フォーナインズ春夏新作情報

S800img フォーナインズ(999.9)新作
メタルフレームS-800Tc8.C12、S-810Tc1.C4.
ネオプラフレームNP-30c87.c90.c440.c444.
同NP-30c20.c49が入荷致しました。

S810img

Np30img

Np31img

http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

スペックエスパス新作と補充+新色

スペックエスパス2008新作及び補充分が
入荷致しました。
ES-9001.ES-9002.ES-7032.ES-5065.ES-8203(以上新作)
ES-5201.ES-5203.ES-5205.ES-8201(補充及び新色)

05230026

←入荷分を並べてみました。

 総在庫に関してはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

影郎DW Asura新色

影郎デザインワークスAsuraの新色
c41(ピンクブラウン)とc42(ブラウンブルー)が
入荷致しました。他の作品の補充も致しました。
http://homepage1.nifty.com/eyeland/kagero/

Asura41_2 Asura42_2

| | コメント (0)

フォーナインズノベルティーバッグ

200849bag フォーナインズのノベルティーバッグ
(布製)が到着しました。
しばらく同社製フレームをお買い上げ
のかたへの「お渡し袋」となります。

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

VISIONTESTER-D「改

愛用のVT-D改のダイアルの一部が

空回りするようになりました。

もはや年季物なので自分でメンテするほか有りません。

空けてみると、見とれてしまうほど素晴らしいメカの世界。

症状は太い軸ネジを締めて、すぐに直りました。

(6/5ブログメンテ中に画像が消えました~-~;)

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

ジャポニスム再開(再会)

Japologo

5/13にお伝えした「J」はお察しの通り
「ジャポニスム(Japonism)」です。

フォーナインズ(999.9)と並び、セレクト系日本製眼鏡専
門ブランド確立の先駆者と言っても過言では無いでしょう。
自店では約5年間のブランクを経て明日(5/17)より
再開(再会)致します。

http://homepage1.nifty.com/eyeland/japonism/

この再開(再会)を記念して、
ジャポニスムフレームお買い上げのかたに
特製携帯ストラップをプレゼント致します。
数に限りがあります。お早めに。

0516001205160014 

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

a contract

自店では以前取り扱っていて、ここ数年やっていなかった
メガネフレーム専門ブランド・頭文字「J」(made in Japanの雄)。

本日「B社」の営業担当Mさんが来店され、めでたく再開する
運びとなりました。ここにかたく握手を交わすの図をご紹介い
たします。来週ぐらいには店頭展開することになります。
詳細は追ってご報告致します。

05130010_2 05130011_3 画質悪いですが^-^;

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

999.9 S-240Tseriesの優秀性

05100005_2 999.9(フォーナインズ)のS-240Tseriesは
名番と呼ぶにふさわしいモデル群です。
画像はS-246T c4。<<2000年発表>>
その理由の1つはフィッティング対応度が非常に高いところです。

左右の眼とレンズの間の距離(頂間距離)など重要ポイントは
いろいろありますが、一例として。

05100002_2  ↓
左右の耳の高さが違う
  ↓

ブライヤーで掴み曲げを加えて耳の高さに合わせる

05100003

  ↓

腕をたたんだ時に、綺麗に揃わない
  ↓
ヨロイ部を掴んで、ひねることによりその不揃いを解消

05100008 ここで重要なのは、「つかみどころ」があるかないか、
これは「フィッティング対応度」的にはずせないところです。

また「つかみみどころ」が有っても、材質の適度な「硬さと軟らかさ」は必要です。軟らかすぎて簡単に元に戻ったり、バネ性が有りすぎて調整を保持出来ない(形状記憶など)、または硬すぎて調整出来ないなどは論外です。その点も240シリーズは見事にクリアしています。

*前傾角(横から見た視線とレンズ裏面の角度)の調整時も、ブライ
 
05100006ヤーで似たような掴みかたをします。大変重要な「つかみどころ」です。 

さて画像のS-246Tですが、しっかり掴み所があり、カスタマイズのすべてに対応出来る優れたフレームのひとつで、名作に違いありません。

http://homepage1.nifty.com/eyeland/9999/stocklist.htm#s-240t

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

両眼開放屈折検査用レンズ

いわゆる左右各眼の度出し(近視遠視乱視の全度数測定)には
両眼開放屈折検査が良質なデータ抽出の核になると考えられます。

ひとくちに両眼開放~と言っても大きく分けて3種類の方法があり、
そのうち2つは更に2つに別れます。

1.偏光板式(a.高濃度高偏光度 b.中濃度高偏光度)
2.他眼雲霧式
(a.ハンフリス法 b.両眼視雲霧法=サイクロダミア法・コープランド法)
3.オクルージョン式(岡本隆博氏考案)

それぞれ用いるフィルターないしフォグレンズが違います。
計5つ、個別にレンズがあるわけです。

右から
A)中濃度高偏光度フィルター(両眼装着)
B)両眼視雲霧法用+1.50.+2.00D以上のフォグレンズ
C)ハンフリス法=他眼弱雲無法+0.75~1.25Dフォグレンズ
D)高濃度高偏光度フィルター(両眼装着)
E)オクルージョンレンズ

B)~D)は比較的オーソドックスです。
自店ではAとB、最近はほとんどEを用います。

05030106

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

VISIONTESTERダブルロータリープリズム化

4/28にご紹介した愛用のTOPCON VISIONTESTER-Dを
バージョンアップさせるべく、更に改造をほどこしました。

「ダブルロータリープリズム化」です。

以前の改造では上斜位眼に対し垂直補正をしていない
水平融像と、垂直補正をしたそれのデータ比較をするため、
テストレンズ用フォルダーを2連装で取付ました。
これは融像破れの原因を特定できるよう混入の無いデータ抽出を
するためでした。

今回はこれ迄の改造済機と異なるデータを取得するため
ではなく、テストレンズ入替の手間をはぶく事が目的です。

先日、互換性のあるロータリープリズム1組を運良く入手。
そこで、フォルダ1組を外し、ロータリープリズムを取付けました。

これ以上は考えられないバージョンアップ化に成功しました。

05010103 05010104_3

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »