« 新作JN-475.421NewColor入荷 | トップページ | スペックエスパス新作ES-6053入荷 + 再入荷 »

まぁ、いろいろありますね。

2008.11.XX.
女性33歳

現眼鏡(08.10.XX他店再調製)
RS-2.00  BV=1.2P
LS-2.00   OCD=80

現眼鏡調整時、様々なテストをされたとのこと。OCDからして基底内方のプリズム仕様になっていることが分かります。

装用感は今ひとつで距離感が掴みにくく、視力も物足りなく感じ、その違和感から疲労を感じたとのこと。そのため調製店で再検査をし、度数を上げた(何をどのくらい上げたのかは不明)。遠見視力はやや向上したが、違和感は残っているとのこと。

<<屈折>>
R(1.5)S-2.25C-0.25AX50  dominant
L(1.5)S-2.25C-0.25AX130 PD61

屈折に関しては特におかしな感じは無かった。
PD61だったので、現眼鏡のプリズム量は約3.8△BINと推定される。

<<両眼視機能測定>>
Von Graefe法による眼位
遠見  4.0BI 垂直φ
近見  6.0BI 垂直φ
AC/A 5.3
単眼ラグR0.50 L0.50

遠見虚性x/16/4
    実性20/22/9
近見虚性x/20/10
    実性x/18/12 [.N.PRA-rec]N2.00 P2.50

 *その他の記述略

equipment:TEST-FRAME547simple-LO
          VISIONTESTER-D改(KAI)
          ツインチャート
     チャートプロジェクターCP-30
     トプコン近用チャート

08040117 11010079 11170128

データ上、両眼視機能に特に問題は無く、レンズに眼位補正を入れるような案件では無さそうでした。確認のためニコンツインチャートで十字テストをしてみますと確かに3.5INほどがありました。かなりボーっと見た際になります。それでも何故3.8INなのかは不明ですが、恐らくいずれかの十字テストを(近接式・省スペース視力標か?)完全矯正にしたと思われます。やはり両眼視機能測定には、米独式を問わず視力標まで5mの確保が必須だと痛感させられます。

新眼鏡の度数は
R(1.2)S-2.00
L(1.2)S-2.00    OCD61

というプリズム無しのごく普通の度数になりました。
(落ちはないです。^^;)

|

« 新作JN-475.421NewColor入荷 | トップページ | スペックエスパス新作ES-6053入荷 + 再入荷 »