« このままで良いかの確認 | トップページ | 新作JN-476入荷 »

左右2つの情報をまとめる度数onエスパスES8201

事例 2008.12.XX
30歳 男性 新規

前眼鏡(常用)約1年前調製
R(0.6)S-4.25 BV=0.7p
L(0.5)S-3.25 OCD=68

NOTE:
新調のため来店。
ゆるめに設定しているはずだが、疲れるとのこと。

<<屈折>>
R(1.2)S-5.75   PD70mm
L(1.2)S-5.00    dominant

<<両眼視機能測定>>
Von Greafe法による眼位
遠見  10.0BI     垂直L2.0UP
近見  15.0BI     垂直L2.0UP
AC/A 5.0
単眼ラグ R=1.00 L=0.75
垂直融像幅:L1.0DN~0.5UPBreak(L2.0UP下)

相対輻輳(VsionTesterD-kaiのダブルロータリープリズム1stをL1.0UP、RLの2ndを測定用として)
遠見虚性X/16/12
    実性X/10/4
近見虚性X/30/12
    実性15/16/6 

[.N.PRA-rec]N=2.0 P=1.00

A/B

他の記述は略

equipment:TEST-FRAME547simple-LO
               VISIONTESTER-D改(KAI)
             ツインチャート
         チャートプロジェクターCP-30
         トプコン近用チャート

08040127 Testframe547 10300070

NOTE:測定中お聞きすると、パソコン・携帯等の近見では左単眼視する機会が多いとのこと。それは両目をあけると画面が2つになり厄介なためとのこと。

良くあるケースとしては垂直斜位によって複視傾向がありそれを自力で克服しようとするために負荷が掛かり、疲れるというパターンです。記録はしていませんが、垂直を補正しない状態で相対輻輳の実性側を測るとすぐに融像の破れをきたしました。ということは垂直を補正した下での相対輻輳の測定が重要なワケです。データのように垂直を補正して測る実性はそれほど弱くはありませんが、水平斜位量が大きいため頑張っても融像を維持するだけの余力が無い。この斜位量では垂直のみを補正しても相当大きな水平の実性輻輳力を持っていないとそれをキープ出来ないわけです。

<<仕上げ度数>>
RS-5.50   1.5B.340 
LS-4.75   1.5B.160  SCD=70mm BV=1.2
輻輳近点: 10cm以下

という垂直と水平の両方の斜位を補正したこの度数がベストとなりました。今までの眼鏡ではまず度が弱すぎて、近見でも調節性輻輳の喚起が鈍いわけです。今回は遠見で1/3、近見では1/5の補正率。やや近見には低矯正気味ですが、常用ということを加味し、自力を使っての融像を期待するワケです。これで近見が思わしくなければ、もう少し多めのフォローを施した近専用との使いワケも視野に入ってくるでしょう。

12190122 この度数はエスパスの名作ES-8201CE60にマウント

|

« このままで良いかの確認 | トップページ | 新作JN-476入荷 »