« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年新作JAPONISM488入荷

10月に行われた国際展示会IOFT2009で発表のジャポニスム488が入荷致しました。

01280013_2

\39,900

フローティングデザインですが、いままでとは少しおもむきが違います。

01280011_2 レンズのサイドエンドはフチに接地しています。もう少しアップで見てみましょう!

  ↓

01280012_2 レンズの上下はフローティングしていますが、外側にリムがあります。ここはレンズをホールドする役割を担いますが、もうひとつ・・・。いままでのフローティングデザインではレンズの厚みがそのまま見えていましたが、488は最も厚くなるところ=外側が隠れています。厚みが気になるかたにも楽しんでいただけるフローティングタイプです。

http://homepage1.nifty.com/eyeland/japonism/

|

こんもり

+レンズで通常のカーブ=在庫分(右)と、特注で7カーブ指定したモノ(左)の比較です。これはいわゆるハイカーブフレームに入れるワケではありません。通常のフレームに入れるレンズです。

01180265

度は+2.00Dですが、単焦点の老眼鏡で付加効果を付けるために深いカーブにします。普通はなるだけ中心厚を抑えるため、浅いカーブで薄くするという方向へ向けます。そうすると逆に落ちてしまうMagnificationPower(S.Magnification)を上げる効果をねらい、こんもりさせた特注レンズ、ということになります。

|

イン・ア・サイレント・ウェイ

1~2年前、今も自店をご利用頂いているあるドクターと、店に飾ってあるマイルスのポスターを見ながら、話しこんだ記憶が・・・。

03230139

このドクターはトランペットの演奏をされます。彼は私に「なぜマイルスが好きなの?」。私は「時代によってスタイルを変えて行くところ」と答えました。

マイルスの楽歴は音楽家5~6人分に相当するでしょう。

偉大な音楽家のあとにおこがましいですが、自店も1992年の開業以来、幾たびか変化しました。その当時といえば、フォーナインズなどの眼鏡フレーム専門ブランドは皆無で、服飾系(特にイタリアやDC)ブランドを冠したメガネフレームの全盛期。機能や品質、デザインを評価するのではなくて、どのブランドのマークを着けているか、それが本願のような時代だったと思います。

1997~8年ごろから、徐々にフレーム専門ブランドの展開を開始するものの、まだ認知度は低く、デザイナーなどのストーリーを接客で語っていくという時期でした。

--------------------------

マイルスはウェインショーター、ハービーハンコック、ロンカーター、トニーウィリアムスというメンバーで極めた、ジャズ史に至高の歴史を刻むスタイルを自ら壊して、このインアサイレントウェイを創り上げます。そしてこの作品もこれまでとは違う、新たな歴史を刻む。

Inasilent

↑ザ・コンブリート"イン・ア・サイレント・ウェイ"セッション

常にドラスティックなまでに変化をしていくマイルス。

到底そこまで及びませんが、常にチェンジをしていきたい。休日の昨日、CDを聴きながら再認しました。

摂津市

|

2010年始動

新年の営業が始まりました。
http://homepage1.nifty.com/eyeland/schedule/

11100258

今年もこれまで通り、生理光学の立場から、視力補正および眼精疲労へのアプローチを続けてまいります。後者は視力補正眼鏡を用いる場合もありますし、トレーニング専用眼鏡を使うこともあります。また全く眼鏡を用いないこともあります。

ご相談はご来店予約をご活用下さい。
http://homepage1.nifty.com/eyeland/reservation/

今年もよろしくお願いいたします。

|

雪 畿内から少し東でこの雪(@@;

|

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます。

1/6(水)まで年始休暇を頂いております。

F_i004

2010年1月は、7日(木)朝10時より通常営業致します。

http://homepage1.nifty.com/eyeland/schedule/

|

新春隠し芸大会2010

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »