« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

999.9 S-670T 6

フォーナインズ近年の定番S-670T6が入荷しています。
往年のメタルブローを継承する名番です。
今回ご紹介の色目は、カーキーマット。
つや消し・マット仕上げです。

S670t6_2\31,320(税込フレーム価格)

http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

ES-1772c03

スペックエスパスの新作ES-1772c03が入荷しています。
今回のご紹介は、BrownSasaPink/Pink
シートメタルと軽量の樹脂系フロントフレームを組み合わせたシリーズです。
82017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発注しました。
Es1772c04_2\43,200(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/espace/

|

999.9 S-670T 7

フォーナインズ近年の定番S-670TC7が再入荷しています。
往年のメタルブローを継承する名番です。
今回ご紹介のカラーは、ダークブルーマットマット。
つや消し・マット仕上げです。
S670t7\31,320(8%税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

999.9S-745T5

フォーナインズ2018年の新作999.9S-745T5が入荷しています。
今回ご紹介のカラーは、アカマット。
S-745Tシリーズが目指したのは、いつの時代にも多くの女性の気品を演出するメタルフレーム。シンプルながらも繊細なディテールが印象的で、肌馴染みの良い軽やかなカラーリングからも、主張しすぎない美しさを感じさせます。フロントデザインは、ナチュラルな表情を演出する柔らかな印象の3型を用意。サイズ感の異なるオーバルの「S-745T」「S-746T」とボストンの「S-747T」で展開します。(999.9HPより)
14
新しいコレクションは、2017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発表されました。
S745t5\34,560(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

ES-1772c02

スペックエスパスの新作ES-1772c02が入荷しています。
今回のご紹介は、HavanaBrown/Gold
シートメタルと軽量の樹脂系フロントフレームを組み合わせたシリーズです。
72017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発注しました。

Es1772c02_2\43,200(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/espace/

|

レックスペックスREC-JPN61MLRD

レックスペックスのバンドタイプJPN61。メタリックレッドが入荷しています。

RecSpecsは、野球、サッカーやバスケットボールなどの球技をする視力補正が必要な子供たちのために作られたスポーツ用ゴーグルです。激しい動きにもずれない仕様。衝撃を和らげる素材。広い視界の確保。顔にフィットするラップ構造など、安全かつ競技に集中するための機能を備えています。またウィンタースポーツにも最適です。

Recjnp61mlrd53\16,200(税込フレーム価格)

|

999.9S-667T13

フォーナインズ2017年の新作S-667T13が入荷しています。
今回ご紹介のカラーは、ピンクベージュマット。
S-665Tシリーズは、年齢や性別を問わず、多くの方に幅広く掛けていただけるベーシックラインのメタルフレームです。シンプルなスタイルの中でもフレームバランスを整え、フォーナインズらしい掛け味を生みます。ここちよさと、すっきりとした佇まいをより多くの方々にお届けするため、ベーシックラインの幅を広げました。
スクエアの「S-665T」、オーバルの「S-666T」、フォックスの「S-667T」と、3型で展開します。(999.9HPより)

10
新しいコレクションは、2017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発表されました。
S667t13\29,160(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

999.9AP-15c614

フォーナインズ2017年の新作AP-15c614が入荷しています。
今回ご紹介のカラーは、フローオリーブ。
シンプルでありながらも眼鏡に必要とされる機能を満たしたAP(アドバンスドプラスチックフレーム)。プラスチックの質感と軽快感、基本構造はそのままに製造工程を見直すことでその精度やクオリティを底上げし、APの品質価値の再構築を目指したのがAP-15シリーズです。日常使いはもちろんビジネスシーンでも映えるオーバルとスクエア2タイプをラインナップし、使用シーンの幅を広げます。(999.9HPより)
20
新しいコレクションは、2017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発表されました。
Ap15c614\27,000(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

999.9 四本ケース(シリンダーシェイプ)

フォーナインズのケースの新作、「4本ケース」が入荷しています。一見眼鏡ケースには見えないシリンダーシェイプがユニークなところ。117φのH180(mm)で、机に置いてもかさばらないサイズ感。カラーは、黒・グレー・グリーン・ブルー・ブラウン・ホワイトの6色展開です。

99992017case\8,640(税込)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

ES-6089 91P

スペックエスパスの名番ES-6089のうち、表・紫/裏・グレーのc91Pが再入荷しています。
ネジ・ロウ付けを用いない一枚のシートメタルからカットにより作り出されるシリーズです。スクエアシェイプ。プリズム眼鏡・遠近・中近・近々眼鏡にも対応しています。
Img_6815
Es6089c91p\38,880(税込フレーム価格)

http://eyeland.client.jp/espace/

|

RidolTitanium R-101c08

リドルチタニウムの定番R-101c08が、再入荷しています。

チタンプレート材使用モデルの特徴である、フラットな質感のフロント側面にカラー溝ライン加工を施すことで、 3枚のプレートを重ねたようなモダンでクールな雰囲気を演出するフレームとなっている。 丁番削り出しのスパルタ構造のテンプルにも、フロントからの流れで側面ラインを施しているが、ライン部は厚みがありしなりが出ない為、 装着感を重視する意味でライン部分は途中までとし、プレスバネ部を設けた。 レンズシェイプは、ウェリントン。サイズ51mmながら、天地幅30㎜オーバーの設計で視界を確保している。素材は純チタンを使用。小田幸HPより
R101c08\34,560(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/ridol/

|

999.9AP-16c657

フォーナインズ2018年の新作AP-16c657が入荷しています。
今回ご紹介のカラーは、アンバーデミ。
シンプルでありながらも眼鏡に必要とされる機能を満たしたAP(アドバンスドプラスチックフレーム)。プラスチックの質感と軽快感、基本構造はそのままに製造工程を見直すことでその精度やクオリティを底上げし、APの品質価値の再構築を目指したのがAP-15シリーズです。日常使いはもちろんビジネスシーンでも映えるオーバルとスクエア2タイプをラインナップし、使用シーンの幅を広げます。(999.9HPより)
12
新しいコレクションは、2017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発表されました。
Ap16c657\27,000(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

MARI-3

プロポデザインの新作メタルフレーム、MARI-3が入荷しています。今回のご紹介は、ゴールド地にブラウンの転写カラーです。
Mari3\34,560(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/propodesign/

|

999.9M-57c6954

フォーナインズ2017年の新作M-57c6954が入荷しています。
M-55シリーズは、存在感のあるサーモントスタイルをフォーナインズ独自の視点で再構築し、必要な機能と今求められるデザインを高い次元で融合させたミックスフレームです。新設計となる独立型の逆Rパーツを採用することでフレームバランスをさらに高め、これまで以上に上質なサーモントスタイルに仕上げました。ボストンベースの「M-55」、ウェリントンベースの「M-56」、スクエアベースの「M-57」の3型を揃えることで幅広い方の嗜好に応えるシリーズです。(999.9HPより)
11
新しいコレクションは、2017年10月上旬東京ビッグサイトで行われたIOFT2017という展示会で発表されました。
M57c6954\46,440(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/9999/stocklist.htm

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »