« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月15日 (木)

YC012c007

Yconcept(ワイコンセプト)は、10年前から日本で販売されていたコンセプトワイをベースにし、ディスクヒンジを使った新たな機構を用い、ネジを使わず前枠上部とレンズが分離している構造の超軽量フレームです。Made In Japan。
今回のご紹介は、YC012で色番がc007のローズです。

\40,500(税込フレーム価格)SoldOut
http://eyeland.client.jp/yconcept/

|

2018年11月12日 (月)

CrosslinkHighPower ox8117-0252

オークリーメガネフレームの新作CrosslinkHighPowerのうちox8117-0252(PBK/RTN)が入荷しています。プラスチックのウエリントンシェイプで、日常の眼鏡として使用可能。サイズは52mm。またグレーソックの交換腕とノーズパッドが添付されています。

Ox81170252\24.840(税込フレーム価格)

http://eyeland.client.jp/oakley/frames/

|

2018年11月10日 (土)

ES-7087c2

スペックエスパスES-7087の新色c2(ブラック)が入荷しています。シートメタルと軽量の樹脂系フロントフレームを組み合わせたシリーズです。

Es7087c2\41,040(税込フレーム価格)
https://eyeland.client.jp/espace/

|

2018年11月 9日 (金)

RF-301c218

RETRO BY 900のRF-301c218が入荷しています。
今回ご紹介のカラーは、デミブラウン。

FACTORY900 RETRO のベーシックシリーズとしてリリース。フレーム前面はエッジに仕上げながら、フレーム後面は甲丸に。オリジナルヒンジシステムはそのままに、シンプルな造形を極めた。(900HPより)

Rf301c218
\32,400(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/FACTORY900/retro/

|

2018年11月 8日 (木)

Crosslink0.5 ox3226-0255

オークリーメガネフレームの新作Crosslink0.5のうちox3226-0255(PEWTER/BL)が入荷しています。カットリムタイプのナイロールシェイプで、日常の眼鏡として使用可能。サイズは55mm。またグレーソックの交換腕が添付されています。

Ox32260255\24.840(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/oakley/frames/

|

2018年11月 6日 (火)

ES-1772c02

スペックエスパスのES-1772c02が入荷しています。
今回のご紹介は、HavanaBrown/Gold
シートメタルと軽量の樹脂系フロントフレームを組み合わせたシリーズです。
Dscn0694_2
10月に東京ビッグサイトで行われたIOFT2018という展示会で発注しました。

Es1772c02\43,200(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/espace/

|

2018年11月 5日 (月)

A-Crosslink ox8118-0456

オークリーメガネフレームのA-Crosslinkのうちox8118-0456(MBK/RED)が入荷しています。プラスチックのレクタングルシェイプで、日常の眼鏡として使用可能。サイズは56mm。
交換用ステムを添付せず、廉価版にしたエントリーモデルです。

Ox81180156_2\17,280(税込フレーム価格)

http://eyeland.client.jp/oakley/frames/

|

2018年11月 3日 (土)

YC204c017

Yconcept(ワイコンセプト)は、10年前から日本で販売されていたコンセプトワイをベースにし、ディスクヒンジを使った新たな機構を用い、ネジを使わず前枠上部とレンズが分離している構造の超軽量フレームです。Made In Japan。

今回のご紹介はYC204。色番がc017のモーブ(フジ色)です。
Yc204c017_2\46,440(税込フレーム価格)
http://eyeland.client.jp/yconcept/

|

2018年11月 1日 (木)

JP-029c03

ジャポニスムJP-029c03(マットオリーブグリーン)が入荷しています。
プロテクションシリーズの新作です。

用いる素材から見直し、制限にとらわれることなくあらゆるデザインを可能にしたいというジャポニスムの強い追求心が凝縮されたモデル。フロント正面リム幅をレンズ上部2.5mm、下部1.4mmまで落とした設計は、吸水率が低く寸法安定性に優れたドイツ製ナイロン素材トロガミドを用いることで、変形のしにくさを確保しながらメタルリムのようなシャープで引き締まったデザインを実現しています。重厚な印象が特徴的なチタン製テンプルは、プレスで厚みを0.85mmまで薄くし、心地良いフィット感と装用時の負荷を軽減する機能を兼ね備えています。(ボストンクラブHPより)

新しいコレクションは、2018年4月に東京・渋谷ヒカリエで行われたCOME2018という展示会で発表されました。

Jp029c03\45,360(税込フレーム価格)
https://eyeland.client.jp/japonism/

|

« 2018年10月 | トップページ